虫歯の治療

虫歯の治療はごく初期の段階を除き、
虫歯になっている所とその周囲の歯を削って虫歯、
その部分に詰め物を入れる(または被せ物を被せる)
という治療が行われます。
これは症状が進めば進む(虫歯の範囲が広くなる)ほど
削る量も多くなるなど大掛かりな治療になってしまい、
再発するリスクが高くなってしまいます。
完全に歯が無くなってしまった場合の治療法として
インプラントやブリッジ、入れ歯などの
治療技術は日々進歩していますが、
やはりご自身の歯に勝るものでははありません。
お金で買うことのできない、かけがえのない
ご自身の歯を長く使っていくためにも
早期発見、早期治療を心がけましょう。

知覚過敏の可能性も?

冷たい水などを飲んだ時に痛みがあるものの、
むし歯ではないと診断された・・・、
その場合は知覚過敏かもしれません。
知覚過敏の症状があまりに辛いという方は、
レーザーによる痛み軽減治療もありますので、
お気軽にご相談ください。

※知覚過敏の場合は、自費診療となります

 

根管治療とは

根管治療の「根管」とは、神経が通っている歯の内部組織のことです。
虫歯の原因となる細菌は、
歯の表面から奥に向かって徐々に進行していきます。
進行の段階は、C1・C2・C3・C4という言葉で表します。

C3段階の虫歯に対する根管治療

C1・C2の段階でも、冷たいものを飲んだ時に
しみたり温かいものを食べた時に
痛みを感じたりされる方が多いです。
さらに進行したC3・C4の虫歯は、より強い痛みを伴います。
痛みの解消には根管治療が必要です。
C3は、虫歯の細菌が歯髄(しずい)と
呼ばれる神経に達している状態です。
歯に穴が空くため、見た目でも虫歯であることがわかります。
何もしていなくてもズキズキと痛み、
夜は眠れないほどの激痛を感じる方もいらっしゃるようです。
飲み薬などを服用すると
一時的に痛みが和らぐことがありますが、
根本的な解決にはなりません。

この段階の歯の中では、神経・血管の炎症が起きています。
この炎症は歯髄炎(しずいえん)と呼ばれます。
この場合は、細菌感染を起こした歯髄を
きれいに取り除く、「抜髄(ばつずい)」と呼ばれる治療が必要です。
治療後はきれいになった根管を
詰め物・被せ物で密封し、細菌が入らない状態を作ります。

歯根の先に膿がたまっているC4段階の根管治療

C3からさらに進行したC4の段階では、
歯の大部分が溶けてなくなっています。
神経が壊死しているため、一時的に痛みも感じなくなりますが、
細菌が歯根の先まで達して膿(うみ)になると、
強い痛みが出てきます。
触ってわかるような腫れや、
食事中などに噛んだ時の違和感・強い痛みが主な症状です。
痛みは、膿の袋が大きくなればなるほど強くなります。
この状態は「感染根管」と呼ばれ、
まずは壊死した神経(歯髄)を除去してから
根管内をきれいにする「感染根管治療」が必要になります。
場合によっては、膿の袋を取るための外科的根管治療も行います。
その後はC3の段階と同様、
無菌状態となった根管を詰め物・被せ物で密封して完了です。

根管の形は人それぞれ

根管は、人それぞれ形が違う複雑な作りをしています。
弯曲していたり、根管同士が繋がっていたり、
歯の根にあたる側枝と呼ばれる部分がたくさんあったりします。
根管内は直接目で見ることができないため、
計測機器と手先の感覚によって治療を行います。
根管の形が複雑であるほど、また感染根管の症状が進行しているほど、
手術の難易度が上がります。
このため、根管治療を成功させるには、
医師の豊富な経験と腕が必要です。

入れ歯治療

合わない入れ歯は、他の健康な歯や、
あごに対して様々な問題を引き落とす原因となってしまいます。

他の歯が傷ついたり、虫歯の元に。咬合が悪くなり肩こりなどの原因に

日々のストレスで別の病気の発病も

保険適用内の入れ歯であっても、
様々なプロフェッショナルが在籍する歯科グループだからこそ、
レベルの高い歯科治療をお約束します。

保険適用の入れ歯

健康保険が適用できるので、一番のメリットは価格です。
 
主な素材はプラスチック素材ですので、
破損が生じても、修理がしやすい特徴があります。
樹脂は割れないようにかなり厚めに作られており、
熱を伝えにくい素材なので、舌の可動範囲が狭くなり、
食べ物の温度、触感が阻害されることにより
味覚が感じにくくなります。
また、留め金は残っている歯を
取り囲むようにして入れ歯を固定します。
その為、歯の状態によっては、笑った時に見えたり、
多少口の中で違和感があるデメリットがあります。