歯周病について

成人の80%が歯周病と言われています。
歯周病とは、細菌が歯を支えている骨をとかす病気です。
放っておくと、最終的には歯が抜けてしまいます。
歯を失ってしまう原因のうち、歯周病が占める割合は40%以上!!
歯が抜けてしまう原因の№1なのです。

歯周病は、細菌による『感染症』。
治療の基本は、お口の中の細菌を減らすことです。

歯周病治療 ①歯磨き

プラーク(歯垢)はただの食べかすではなく、何億もの細菌の
塊です。
どんなに治療しても、毎日の歯磨きでプラークが取れなければ、
いつまでも細菌を減らすことはできません。
おがわ歯科医院では、細菌を減らす歯磨きの方法をアドバイス
しています。

歯周病治療 ②歯石取り

歯石は『細菌の隠れ家』です。
そのため、歯石をきれいに除去しない限り、歯周病は改善
しません。
また、歯石は歯磨きでは取ることができません。
そこで、専用の器具を使い、除去します。

定期メンテナンスについて

歯磨きが上手にできるようになり、歯石を除去することにより、細菌が少なくなります。
しかし、細菌は時間と共に再び増加していきます。
放置すれば、必ず歯周病は再発してしまうのです。
歯周病用の歯磨き粉やうがい薬を使っても、治りません。
数ヶ月に1回、定期メンテナンスにご来院いただければ、簡単な処置で細菌を減らすことができ、
歯周病の再発を防ぐことができます。
また、むし歯はある程度進行しなければ、痛みが出ないことがあります。
早期に発見できれば、削らずに済む場合もあります。
定期メンテナンスを受けて、お口の中の2大疾患である歯周病とむし歯を予防しましょう。
(メンテナンスの時期は病状により異なります。)